--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行動分析学とは何ぞや?(その1)

2010
12/08
*Wed*
CATEGORY : セミナー
今回のセミナーの中でも、一番聞いてみたかったのが「吠え」について。
なので教わったことを自分ちのことと照らし合わせながら復習してみます。


行動分析とはざっくり言うと「行動を変えるための科学」。

科学って聞くと拒否反応を起こしそうですけど(少なくても私は…)
いわゆる「科学的」と言われる物は、

 客観性:誰が見ても分かる
 再現性:再びやっても起こる
 信頼性:誰がやっても同じことが起こる

なんだそーです。

高山先生が最初に仰った「犬のしつけとは犬の行動を変えること」。

科学では「きっかけ」→「行動」→「結果」

と必ずこの3つに分解し、「結果」を一番重視します。

その際、ここで起こった「結果」が次にまた同じことが起こった時の「行動」に
大きく影響するので、とにかく上記3つの繰り返しの中で犬の行動を見ていくのです。

なので、一度○○という結果になったからといって、それで決め付けてはいけない。
結果があって、その次はどうなったのかをどんどん記録していって
客観的に見るのが大切なんですね。

よくあるのが「犬が来る」→「吠える」→「犬が去る」
ご存知のとおりうちのじゅぴ太もコレです。

犬が来る(きっかけ)→吠える(行動)→犬が去る(結果)

他犬が苦手なじゅぴ太、知らない仔は吠えればいなくなると学習してしまっています。

決して吠えるからいなくなる訳ではなく、お互い散歩中だから自動的?に離れていくだけ。
吠えてる知らない犬の前にわざわざ立ち止まる奇特な飼い主さんなんて少数派でしょう。

ここでじゅぴ太が「吠える」という行動の【目的】は何か???を考えます。
吠えた後、何が起こるのか。

それは「犬が去る」という、じゅぴ太にとってのメリットです。

『たまたま吠えてみたら、大っっ嫌いな犬を遠ざけることができたんだぜ?
 次の散歩でもそう!また次の散歩でもそう!やっべー吠えるってマジ最高!!
 って毎日やってたら俺、犬を見ただけでうっかり吠えちゃうようになってたんだぜ…』

そんな繰り返しでどんどん吠えが強化されてしまいました。



20101208_047.jpg
えー今俺の話してんの?



ならば、どうせ同じメリットが得られるのなら「吠える」という行動の部分を
別のものに置き換えちゃえばいいんじゃない?
吠えなくても他犬は遠くへ行っちゃうよーって。

ってことで、

「犬が来る」→「食べる」→「犬が去る」と、真ん中の行動を別の行動に置き換えます。

(その2に続く)

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

じゅぴ太(黒)&ぴのこ(白)

150_DSC_0177_01.jpg

 


カイヌシ

じゅぴ子

Author:じゅぴ子

じゅぴ太&ぴのこ+旦那くんと神奈川のとある山の中にてひっそりと暮らしています。

写真・カメラネタ中心のブログはこちら
ちわわ×ふぉとろぐ

 


 


 


 


BlogPeople

 


 


 


とりあえず登録

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

人気ブログランキングへ

 


QRコード

QRコード

 


検索フォーム

 


 


カウンター

 


Copyright © 結構毛だらけ、犬灰だらけ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。